胎児に奇形が生じる可能性

脂溶性のビタミンAであるレチノールはりっぱな毒物で,摂りすぎると中毒を起こす.
1日の上限摂取量が5000IU,一度に100000IU以上摂ると急性症状が出ることがあり,また妊娠初期の妊婦の場合,それ以下の量でも胎児に奇形が生じる可能性が高くなるって言われてる.
豚レバーにはこのレチノールが100グラム当たり13000μg,レチノール1IU=0.3μgなので,40000IU以上含まれてることになる.豚レバーを食べれば,それでもうレチノールの1日分の上限摂取量は越えてると考えてほぼまちがいない.
レチノールは加熱しても分解されないから生でも焼いても同じだけど,生レバーだと勢いで何人前も食べちゃうお調子者がいそうな気がする.鶏レバーは豚以上にレチノールが多いのだけど,焼き鳥屋でキモばっかり10本も食べるような人,いないよね.いるかも.いそうな気がしてきた.
レチノールの中毒症状はいろいろあるのだけど,いちばん恐ろしいのは,脳圧が上がってまず強い頭痛に襲われ,ついには脳の血流が失われて脳死に至るってもの.そこまで行くのはよっぽどのことだと思うけど,昔,極地探検の人が多量のレチノールを含むシロクマの肝臓を口にして実際にこの症状で亡くなったって言われてるよ.なぜか,極地の動物は肝臓に大量のレチノールをため込むの.だからエスキモーの人たちはシロクマの肝臓を食べない.
牛の生レバーが好きでたくさん食べてたけどそんな症状にあたったことはないって,牛レバーに含まれるレチノールの量は豚の10分の1以下なの.

それ以前に,豚はいろんな病原体を持ってることが多いからよく火を通して食べるよう昔から言われてたと思うけど.最近のSPF豚肉は大丈夫なんかな? って思ったけど,やっぱりそんなことはないらしい.


Categorised as: 未分類


Comments are closed.