ブドウ球菌

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素の強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。
インフルエンザ(流感)に合った予防テクニックや医師による手当等原則施される対策自体は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒です。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓の持つ解毒酵素の正常な生産をサポートしているかもしれないという因果関係が明らかになってきました。
学校や幼稚園等の団体生活をするに当たって、花粉症の症状のせいで他の皆と同じように外でパワー全開で動くことができないのは、患者本人にとっても辛いことです。
通行中の衝突事故や山での転落事故など、非常に強い負荷が身体にかかった場合は、複数箇所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷くなると内臓破裂してしまうこともあり得ます。
暴飲暴食、太り過ぎ、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、加齢といった様々な素因が組み合わさると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有する血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液や母乳などのあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口に接触することにより、感染の危険性が高くなってきます。
ポリフェノール最大の機能はL-アスコルビン酸やV.E.などとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする効果があるのです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに2012年9月1日以降は原則無料で接種することができる定期接種になり、集団接種ではなく医療機関で個々に受ける個別接種のスタイルに変わりましたのでご注意ください。
20代、30代で更年期になったら、医学用語ではPOFという女性疾患のことを指します(この国では40歳未満の女の人が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と定義付けています)。
体脂肪量にさして変動がなく、体重が食物摂取や排尿等で一時的に増減する時、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上がることがわかっています。
汗疱状湿疹(汗疱)は主に掌や足の裏、または指の隙間などにプツプツとした細かな水疱ができる皮膚病で、広くは汗疹(あせも)と言われており、足裏に現れると水虫と混同されることが多くあります。
パソコンモニターのチラつきを和らげる眼鏡が最も人気を集めている訳は、疲れ目の手当に大勢の方が興味を抱いているからだと言えるでしょう。
必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や適度な運動は無論、心身両面の健康や美のために、食事以外に様々なサプリを飲用する事が標準になったそうです。
下腹部の激しい痛みをもたらす代表的な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な部位の病気が挙がります。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.