体内

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてタバコを吸う事・アルコールの常飲・隠れ肥満等の生活習慣の質の低下、ストレスなどに縁り、いま日本人に増えつつある疾患です。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内の脂肪が占有している歩合で、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight)×100」という数式によって確認できます。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の後追い調査のデータによると、大人よりも体の小さな未成年のほうが分散した放射能の被害を受容しやすくなっていることが分かるのです。
インキンタムシというのは、医学上は股部白癬と呼び、白癬菌というカビが陰嚢、股部、臀部などに感染、もしくは寄生してしまった病気の事であり俗に言う水虫です。
ポリフェノール最大の機能はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化しにくくする作用があるのです。
結核をもたらす結核菌は、菌を保有している人が「咳」をすることによって内気の中に飛び散り、空気中でふわふわと動いているのを今度は別の人が呼吸の際に吸い込むことによって次々に感染していきます。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在してクッションに近い役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という名称の円形の組織が突出した症例の事を称しているのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目覚めている覚醒状態で生命を保っていく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の維持等)ために外せない理論上の最低限のエネルギー消費量のことを指します。
塩分や脂肪分の摂取過多を避けた上で無理のない運動に尽力するだけでなく、ストレスの少ない日常生活を続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を予め予防するポイントです。
グラスファイバーでできたギプスは、大変強くて軽い上に長く使うことができ、シャワーなどで濡らしても使えるという利点があり、現在採用されているギプスの中でも主流と言っても過言ではありません。
アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が満了した約1ヶ月後には、製薬市場の約80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に取って代わるようなクスリもある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は先進国で親しまれているという現実があります。
うす暗い場所では光不足により見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが使用され、日の差す所で物を眺めるより疲労がおおきくなります。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、大気中にあるオゾン層で一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞の遺伝情報を傷つけてしまうなど、皮ふに悪影響をもたらしています。
常識で考えると骨折は起こさない程度のごく僅かな力でも、骨の一定の部位だけに複数回にわたり切れ目なく力が加わってしまうことで、骨折してしまうことがあるようです。
アルコールを無毒化するという特徴のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに極めて効果的です。苦しい宿酔の主因物質とみられているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも作用しています。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.