許可を得なければ

日華区とは日本人と中国人とが混じって住んでいる地区で、
そこに住む中国人は中華区に住む者と同様「良民証」を携帯しており、

そうでない者は警備上難民区に住まされていた。
難民区は日本兵も出入りを禁止されていて私たち在留邦人は届け出て許可を得なければ出入り出来なかった。
それだけ危険な場所だった。 私は仕事が貿易商だから、難民区以外はよく歩いた。
ある日、汚れた軍服を着た兵士に「慰安所はどこか知りませんか」と路上で尋ねられ、一瞬思い当たらず戸惑った。 しかし看板に黒々と「漢口特殊慰安所」と書いて壁に掲げていて、その前に歩哨と「憲兵」の腕章をつけた兵隊が立っている場所を思い出したのでその通り教えてあげた。 映画館と同様に日華区にあった。 汚れた軍服から推測して、作戦から帰ってきた兵士に間違いない。
街を警備している兵士は、そんな汚れた軍服で外出してないからだ。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.