領土意識

今まで北方領土は教科書でロシアの不法占拠ということで教えられてましたが、竹島問題や尖閣諸島の件は、ここ最近の騒ぎで自国の領土ということを知った人が多いのではないかと思います。

今まで領土意識は希薄だったというのも事実で、きちんと自国の歴史というものを教育で身に付けることは当然のことで、今更な部分もありますが、一歩は先に進んだのではないでしょうか??
竹島の不法占拠は当然として、尖閣諸島についての記載は問題があると思います。
「沖縄県の尖閣諸島も日本の領土でありながら、中国が自国の領土であると主張しています」ではなく、「沖縄県の尖閣諸島も日本の領土でありながら、中国が資源があると判明?した1970年以降自国の領土であると主張しています」が正しいわけでwww 更には、毛沢東は尖閣諸島が日本領という認識でその頃の地図でも日本領となっていたということくらいは付け加えたほうがいいかもしれません(笑)
ていうか、自国政府の公式見解に基づいた内容を教育するということは当然の話であって、今まで教えてこなかったことが問題なのと同時に、他国の教科書に文句をつけるバカがいますが、如何なる不当な内容でも居直って、他国の見解に言いがかりをつけないのが大人の対応です。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.