出入りを管理する

マイナンバーは、個人の所得や医療費についての情報を政府が一元的に管理する制度なのですが、これにはメリットもあれば、デメリットもあるわけです。

メリットは脱税阻止や不透明な資金の出入りを管理することが出来るといった点が挙げられます。特に偽名で口座を作れる人への対策については、それなりに有効で、不倫調査 埼玉アングラマネーの抑制の効果も多少あるでしょう。
デメリットは政府が一元的に管理する制度ということは、アングラ政権になった場合に、こういった情報を悪用するための環境を作り出せるわけで、不正は放置して真っ当にしている人の資産状況を見て制度を作られる可能性も秘めていることですね。
あとは、管理が厳しければ厳しいほど、アングラマネーが増えるというところですかね。
政権の方向性でどうにでもなるといったところが危険性というわけですねwww まぁ、大半の人にとっては、個人の所得や医療費などについては今の制度でも把握しようと思えば出来ないわけではないわけで、個人の所得や医療費の把握を目的として考えた場合、マイナンバーにする必要性はないわけです。システムを作る分には複雑になる程度ですがね。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.