不服申し立てが却下

正直なところ、偽装専門の弁護士を雇って、科学者としての振る舞いが全く見られないことも事実で、
STAP細胞の論文不正問題の調査委の最終報告に対する

小保方氏の不服申し立てが却下されたといったという事実は重いと思います。 研究不正と判断されたのは、論文中の2点にあるわけで不倫調査 山梨その2点について科学的に立証出来なかったということについては、論文の体をなしていないということだけは確かでしょう。
STAP現象が小保方氏の脳内だけで200回見えたとまでは思いませんが、少なくとも論文については不備があったということは最初のうちに認めていたほうが傷は浅かったように思います。 因みにSTAP仮説は科学的な価値はないとは思っていないし、STAP現象の検証をする意味はあるとは思っています。 だからこそ、小保方氏が提出した論文問題を認めて、科学者として反論出来ないような研究結果を立証する事以外に、汚名を晴らす方法はないと思うわけです。
それを偽装専門の弁護士を雇って、トトロ会見などやるとか、あらゆる演出を駆使しているようでは、ネタにしてくれと訴えてるとしか思えませんwww


Categorised as: 未分類


Comments are closed.