そうでないと、

学問など出来ません。しかし、もっと自由に考えてみたいと思います。
たとえば、ちょっとした事故にあった人に話を聞くと、 「あの車輪に挟まれたら、痛いだろうな。

ジョンロブの靴も台無しになるだろう。」 などという予兆を感じたことがあるといいます。もちろん、統計を取らないと科学的に論じたことにはなりませんが。 また、自分は夢にもクビにならないと信じ込んでいる人は、クビにならない…という話も聞きます。
言葉が事故を呼び込むというと、 家族に内緒で債務整理オカルトになりますが、こういう現象なら、安心して語れそうです。 たとえば、人間関係です。 真っ白から真っ黒まで、グラデーションを描くかのように、様々な関係性があります。
真っ白は、せいぜい、仲がいい親程度。真っ黒は、通り魔など。 その中間のものを如何に白っぽくするかが、人の営みなのでしょう。 ところが、少しの黒の可能性も目に付くようになると、相手にする範囲がどんどん狭くなります。嫌われっ子が、中間派に冷淡になり、自分のシンパにはしがみついてますます嫌われるように。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.