国力減少

考えた上で、メリット、デメリットを比較検討していくべきだと私は思っています。
勿論、このまま保護主義に走り、日本のマーケット縮小

とともに日本国の国力減少をそのまま甘んじて受け入れて、日本人自身が極東の小さな島国としてひっそりとつましい生活を甘受する、という選択肢もあります・・・・・・。
私はそれには賛成し得ない為、ここは打って出るしか無いと感じつつある次第です。
米国が自らの輸出振興と雇用対策としてTPPを「利用」しようとしているのは確実です。 TPP反対派は、日本がそうした米国都合に取り込まれてしまう必要は無いというものであり、その点は私も同意です。 然し私は、だからこそ、舞台に上がることすら避けるという消極策ではなく、きちんと折衝の場に打って出るべきだと感じています。
今はTPP=日米FTAのようなイメージで語られていますが、世界各地が徐々にブロック化しつつある中、中長期的にみればこの潮流は回避困難だと私は見てます。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.