ユーザーの射幸心

今回規制されたのは「コンプガチャ」と呼ばれる、「ガチャ」システムで出たカードを特定の種類集めたら「特別なカード」を差し上げます、という部分だけです。
 「ガチャ」システムそのものを違法と判断したわけではありません。
 GREEやmobageなどは今後も「ガチャ商法」を続けるでしょう。
 「特別なカード」の存在はユーザーの射幸心を満たし、子供の身長を伸ばす他ユーザーへの自尊心を誇示するものです。
 「コンプリート」した情報を「特別なカード」ではなく、プロフィールなどのところに「○○ : コンプリート」とでも書いておくなり、他ユーザーと接触した際に見える形で情報が書き込まれているだけでユーザーは満足してしまうでしょう。

 つまり「ガチャ商法」はこれからも継続していきます。
 しかも当選確率も開示されていない、いつどのタイミングでも確率を操作することができる状態でです。

 消費者庁も「コンプガチャ」の廃止だけでなく「ガチャ商法」そのものが射幸心を煽ることを明示し、パチンコ・パチスロと同様に「風営法」の監視下に置くべきだと思います。監視団体作るだけで天下り先が1つ増えるのですから(笑)


Categorised as: 未分類


Comments are closed.