デタラメ話

韓国が望んでいた『戦時中の日本の組織的な性奴隷プログラム』は見付からず、
植民地の女性達を拉致した事件のみ(この事件はインドネシア在住のオランダ人 女性を強引に慰安婦にした事件だったが、

この事件は直ぐに発覚して関係者全員が懲役15年以上の懲役刑をくらって、しかも彼らの上司は、責任を取って切腹 した。)であり、韓国政府が望んでいた結果は出てこなかった。
全くしつこい連中だ。
日本でも戦時中のこの手の軍事資料等を徹底調査し続けても、お望みの『日本軍の強制連行』を示す資料はまだ見付かっていな い。あるのは自称『元慰安婦』の矛盾だらけで、しかも証言するごとに話の内容が変わる『デタラメ話』と、『広義』と『強制性』というマジックワードを駆使 して、浮気調査 山口「じつは知らない間に『強制連行』になってた」という、後出しジャンケンのような言葉遊びが大好きな三下学者の『日本=絶対悪史観オ○ニー』だけで ある。
『日本軍の強制連行』を示す資料なんか無くても、『日本=絶対悪』をいうことにしておきたいと考えている韓国って、まるで他者への嫌がらせに『やりがい』を感じる様になってしまった『変態ストーカー』みたいで、とても格好悪い。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.