絶対支配の嫌な世界

錦織選手にとって、この日本の教育は苦痛以外の何物でもなかった。
天賦の才か、はたまた、努力の賜物か、その両方なのか?

彼にとって日本のスポーツ界は『年上』ということだけで絶対支配の嫌な世界だっただろう。 彼の才能を開花させたのは、アメリカだった。 アメリカは日本の真逆である。
年功序列や伝統は言い訳にしかならない。 勝つためなら、時には反則ギリギリの行為もやるし、最高のプレーをさせるために施設も建て替えをする。 テニスではないが、 携帯電話料金 時効サッカー日本代表のアレーギ監督はスター選手である本田選手に怒鳴ったことがニュースになったが、これを高校野球の全体主義監督がすることはない。
施設も制限なく使え(お金も必要かもしれないけど)、一流選手の練習風景を近くから見ることもできる。
何より、コーチが『褒め上手、認め上手』なのだ。 アメリカのスポーツひいては教育は『抜きん出た才能があれば認め、伸ばす。協調性より個々人が素晴らしいプレー(勉強)をすればいい』という考え方だ。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.