無期懲役

江戸時代の仇討ち制度のままでは不具合だというなら現代風に改正すればいいだけの事です。現代では士農工商は廃止されていますし、その辺りはそもそも必要のない議題ではないかと。
私の仇討ち制度復活の主張は現代の法が被害者や遺族の気持ちをほとんど慮らないからであり、日本人には本来馴染まないキリスト教概念からの受け売りだからですよ。

今回「無期懲役」とした時効援用裁判員たちは、自分や自分の親族や友人知人が今件のような被害に遭ったとしても、犯罪者に死刑を望まずにいられるのか。そこまで考えた上での決断だったのか。今一度考えてみてほしい。

友人Aは、初対面の時は心底驚いたんだよ。こんな可愛い子見た事ない!と思ったくらいの美少女だったからさ。でも付き合ってみたらすんごい性格ブスだった。orz
テレビのアイドル見て「いまいち」「たいした事ない」「こんなブス」と言うのはまぁ彼女が美少女過ぎたのでしょうがないかーと思ってたんだけど、一般の友人知人に対してまで「あの子可愛いけど歯並び悪くない?」「あの人美人だけど実際より10個くらい老けて見えるよね」「ちょっと受け口じゃない?」とまー細かい細かい。私のこともなんて言われてたか知れたもんじゃねーなーと当初は思っていたけど、そういえば彼女の悪口ターゲットは曲がりなりにも美人が対象だったぜ、セーフ…てぜんぜん嬉しくないわ。m9( ゚д゚)


Categorised as: 未分類


Comments are closed.