イメージと違う

「自分が今に至るまで育ててきたこんな素質やこんな特性を効果的に使用してこの仕事を望んでいる」という風に自分と紐づけて、ようやく担当者にも信じさせる力をもって通じます。

せっかく就職したものの、その職場を「イメージと違う」や「ここをやめて違う会社に行きたい」そういうふうに考える人など、掃いて捨てるほどいるということ。

【対策】面接の場面で最も意識する必要があるのは印象についてです。わずか数十分程度の面接試験で応募者の全ては理解できない。だから、採否は面接の時に受けた印象に左右されるのである。

内省というものをするような時の要注意点としては、抽象的すぎる表現を使わない事です。漠然としたフレーズでは、人事部の人間を認めてもらうことは困難なのです。

企業によりけりで、ビジネスの内容や志望する仕事自体もそれぞれ違うと考えていますので、面接の時に売りこむ内容はその企業によって相違が出てくるのがしかるべき事です。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.