政治というものは

僕は自由主義者ですので、政治よりも経済が国家を主導する形態、国防・治安・福祉への再分配など最小限度の政治権力の介入で国民全体の豊かさと安 全を担保できる世界を目指していきたいなという思いがあります。
最終的に最も大切な価値と思っているのは、『言論・思想信条・表現の自由』という政治的自 由なので、現在の日本の国家財政がここまで危機的でなければ官僚のある程度の不正を看過することもやぶさかではありません。

しかし、現在の財務状況で官僚制度が肥大し社会保障費が増大すると、日本は近い将来、間違いなく国家規模での経済的沈滞と社会保障の消滅を起こしてしまいます。

試験というものは人間が作る以上、そこに「完璧」ということは全くもって期待できない。 政治というものはゲームではないですから、ゲームオーバーだけは避けなければならない。そういう「worstの回避」には試験はきわめて有効であると思っています。

試験というのは「作成者が受験者を選ぶ」ものです。


Categorised as: 未分類


Comments are closed.